ご予約お問い合わせは:電話番号023-694-9525

  • 温泉
  • 客室
  • 料理
  • 施設
  • 交通
  • 予約

茂吉ゆかりの宿

斎藤茂吉

茂吉ゆかりの宿

自然をこよなく愛し、その歌にありのままの自然の雄大さ、美しさを綴った郷土の歌聖斎藤茂吉。その感性を育んだ嵐蔵王の大地は、茂吉の他にも歴史に残る多くの歌人の心を感銘させました。和歌に想う自然を慕い生きようとする姿は、時を経てなおそれを詠む者の心を癒し、新たなる和歌心を誘います。当館は茂吉ゆかりの宿として茂吉直筆の作品の他、和歌にまつわる様々な品々を展示し、いで湯の恵みと共に皆様に変わらぬそのぬくもりをお伝えしております。

自然が和歌を誘い 和歌が人を誘う旅

たかはらを越えのぼり来て消えのこるゆきのかたへにわれはたたずむ わかまつやにて詠まれた斎藤茂吉筆の作品です。

[斎藤茂吉](1882~1953)

明治15年5月14日南村山郡金瓶村(現上山市)生まれ。

開成中学校第一高等学枚時代正岡子規の遺稿集「竹の里歌」の影響受け作歌を志す。

東京帝国大学医科大学医学科時代、伊藤左千夫に師事し「アララギ」の創刊とともに同人になり、同誌の俊英歌人として活濯。

医師の傍ら、大正2年には処女歌集「赤光」を発刊。

次々と歌集を刊行し、東洋の汎論的「写生論」を作歌の信条とし、近代短歌の重鎮として名を馳せた。

創業明暦元年(1655年)蔵王温泉指折りの老舗の宿として多くの皆さまにご愛顧いただいてまいりました。現在、新築移転した館内にも歴史の風情が漂うスポットが点在しており、快適な中にも懐かしさを感じさせる演出が随所にございます。

公式サイト限定ご宿泊予約3大特典

ベストレート保障

空室検索

宿泊日
宿泊数
ご利用人数/1部屋
名様
  • 温泉
  • 客室
  • 料理
  • 施設
  • 交通
  • ご予約
  • トップに戻る